2010年03月11日

<自民党>谷垣総裁 事態収拾に指導力を発揮できるか焦点に(毎日新聞)

 自民党の谷垣禎一総裁は11日の記者会見で、党内で夏の参院選前の執行部交代を求める声が相次いでいることに対し、「執行部を直ちに刷新することは考えていない」と述べ、党人事を明確に否定した。党の地方組織からは執行部批判への反発も出始め、谷垣氏が事態収拾に指導力を発揮できるかが焦点になってきた。

 党長崎県連幹部は11日、党本部に谷垣氏を訪ね、長崎県知事選に勝利した現執行部への支持を表明したうえで、党の一致団結を要請した。会談後、同県連の小林克敏政調会長は「今は我慢をするときだ。地方議員も我慢している」と述べ、新党結成に言及した与謝野馨元財務相や舛添要一前厚生労働相に自重を促した。党岐阜県連も8日付で「執行部批判は衆院選の結果を忘れたかのごとく異常で、聞くに堪えない」との抗議文を党本部に送っている。

 一方、与謝野氏は11日、自身が会長を務め、社会保障制度のあり方や財源問題を議論する「安心社会研究会」の初会合に出席したが、この問題には言及しなかった。【木下訓明】

【関連ニュース】
与謝野元財務相:勉強会に14人「執行部刷新」で一致
自民:執行部体制一新 山本有二氏ら要請
自民:総裁辞任求める声続々 党勢低迷、参院選に恐怖感
自民党:与謝野氏が新党結成の可能性に改めて言及
自民党:与謝野氏「新党結成辞さず」…執行部批判続々

<福岡県接待疑惑>中島前副知事が接待認める 県調査委に(毎日新聞)
新茶摘み 静岡・島田のハウス茶園で始まる(毎日新聞)
自民・森まさこ議員「菅氏は国会の居眠り王」(スポーツ報知)
建築基準法見直しへ議論開始=今夏めどに報告−国交省検討会(時事通信)
ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相(時事通信)
posted by クロタキ マサミ at 23:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。