2010年01月31日

東国原知事の活躍そのまんま教科書…「時事英語」で紹介(スポーツ報知)

 宮崎県の東国原英夫知事(52)が、来年度から全国約100の大学で採用予定の時事英語の教科書に登場する。教科書のタイトルは「ECO―NAVIGATION AND SOCIETY(エコナビゲーション社会)」(南雲堂、1995円)。3ページにわたって知事の活躍ぶりを紹介している。なお、キャッチフレーズ「どげんかせんといかん」は編集段階で「訳しようがない」と判断され、英文にはならなかったという。同書が政治家を取り上げるのは、中曽根康弘元首相、東京都の石原慎太郎知事に続き、3人目。

 出版元の南雲堂によると、東国原知事は全20章のうち3章目に登場。県庁を背景にした挿絵があり、本文でたけし軍団に所属し「そのまんま東」として活躍した芸人時代、知事選出馬、知事になり「宮崎のセールスマン」として活躍していることが紹介されている。

 エピソードも満載で、小学校の卒業アルバムに「コメディアンと政治家になりたい」と夢をつづり、両方を達成したということや、選挙には無所属で出馬し、利権とは無関係でしがらみのないことを訴えたことなども盛り込まれた。「そのまんまマニフェスト」も英文で「Sonomanma Manifesto」と記述されたが、07年の流行語大賞も獲得した「どげんかせんといかん」は、編集段階で「訳しようがない」と判断され、注釈で触れられた。

 この教科書は、私立の東京理科大、法大、明大、国公立大など約100の大学が採用する予定。編集は、東京農大の千葉剛教授(63)ら5人が担当し、毎年改編されており、今回で18作目となった。これまで、昭和歌謡界を彩った美空ひばりさん、野球では長嶋茂雄さん、大リーグで活躍するイチロー、政治家では中曽根康弘元首相、東京都の石原慎太郎知事、作家では瀬戸内寂聴さんら、各界で活躍する著名人を取り上げてきた。

 東国原氏は「教科書に載るのは非常に恐縮だが、ありがたい」と照れくさそうだが、千葉教授は「東国原知事は従来にない新しい政治家。タレントとしての経歴を生かした活躍を見て、教科書に取り上げようと思った」と評価は高い。今後も分野にこだわらず、「時の人」を採用していくという。

 同教科書では、東国原氏のほかに、野球のWBC2連覇、五輪3連覇を達成した柔道の野村忠宏、SMAPの「世界に一つだけの花」、低炭素社会実現に向けた次世代のバイオ燃料などの話題が登場する。

 【関連記事】
東国原知事に背番「9」 柱谷GM「入団してください」…浦和
東国原知事は続投表明せず
東国原知事、酒井容疑者に「罪償い反省を」
ホリエモン語った!東国原知事に「新党結成がおすすめ」

国民一人一人が出来ることから始めよう 第2回遺骨収集シンポジウム(産経新聞)
筒井寛秀師、死去 東大寺の元別当(産経新聞)
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に(産経新聞)
<石川知裕議員>自身の事務所費でも聴取 逮捕容疑以外で初(毎日新聞)
普天間「覚悟を持って決める」=5月末までに、首相言明−参院予算委(時事通信)
posted by クロタキ マサミ at 18:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」−千葉県警(時事通信)

 覚せい剤を使用したとして、千葉県警佐倉署の警部補佐藤祐介被告(49)と知人の女(43)が逮捕・起訴された事件で、県警は28日、同日付で同被告を懲戒免職処分にしたと発表した。同被告は「数回使用した。取り返しのつかないことをした。後悔している」と話しているという。
 県警監察官室によると、佐藤被告は2008年3月から佐倉署の薬物銃器係長だったが、証拠品を調査した結果、同署が証拠品として保管していた覚せい剤などの紛失はなかった。保管期限の過ぎた証拠品については、書類上は適正に処分されたことになっており、同被告が持ち帰ったことがあったかどうかは不明という。
 佐藤被告は昨年12月8日ごろ、千葉県佐倉市の飲食店駐車場に止めた車の中で、女に覚せい剤を注射させ使用したとされる。 

【関連ニュース】
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物の実態
鞍手町元職員、公金着服で追送検=「ギャンブルに1日400万」
覚せい剤密売で組幹部逮捕=ロッカーやごみ箱に隠す

石川容疑者「不正はない」 民主党議員にコメント(産経新聞)
市有地神社「違憲」、氏神様など数千件影響も(読売新聞)
<マンション協力金>不在所有者の負担認める 最高裁判決(毎日新聞)
訃報 筒井寛秀さん88歳=東大寺長老(毎日新聞)
<お別れの会>金子徳之介さん=2月6日、福島県伊達市(毎日新聞)
posted by クロタキ マサミ at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

雑記帳 「横手やきそば」を正しい形で守る“道場” 秋田(毎日新聞)

 昨年秋にあった食の祭典B−1グランプリで最高賞に輝いた秋田県横手市のご当地グルメ「横手やきそば」を正しい形で守ろうと、地元店でつくる団体が同市で24、25の両日、第1回“道場”を開いた。

 「店のメニューに」と、全国から集まった飲食店経営者ら15人が参加し、横手流の特徴や市の歴史・文化を受講。試験の結果、全員が実技・筆記とも優秀な成績で“麺(めん)(免)許状”を手にした。

 まがいものや便乗商品が出回り苦情が寄せられる中、事務局の市は正統派の普及を目指し、「麺許皆伝」の鉄板名人を各地に送り出す考え。腕自慢の弟子たちから「出藍(しゅつらん)の誉れ」が現れるか。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
初競り:大間産マグロに高値1628万円 東京・築地
雑記帳:ラベンダー色!?のオムカレー…北海道・富良野
COP15:首脳らの夕食会で「低炭素」意識した料理登場
掘り出しニュース:せんべい汁、そば……北にもコナモンあります! 博覧会始まる
スザンヌ:熊本県宣伝部長が東大入試に挑戦? 東大で期間限定「くまもとランチ」をアピール

<お別れの会>荒田俊雄さん=元日本精工社長 2月23日に(毎日新聞)
レーザー光で顔の染み抜きは医療行為 エステ店経営者ら逮捕(産経新聞)
民家焼け跡から女性遺体=胸、背中に刺し傷−宮城(時事通信)
<政権公約を実現する会>「政治団体」として届け出の方針(毎日新聞)
検討委の結果待つ=仲井真沖縄知事(時事通信)
posted by クロタキ マサミ at 23:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。