2010年06月12日

<刑務官暴行訴訟>国も一部不服と名古屋高裁に控訴(毎日新聞)

 名古屋刑務所の刑務官による暴行を巡り、元受刑者らが国に損害賠償を求めた訴訟で、刑務官の違法行為を認めて国に8910万円の賠償を命じた名古屋地裁判決(5月25日)の一部を不服として、国は名古屋高裁に控訴した。控訴は7日付。

 国は、刑務官らが受刑者3人を革手錠で強く締める行為を繰り返し死傷させたと認定した地裁判決のうち、検察側が刑事事件として起訴しなかった元受刑者(44)を心的外傷後ストレス障害(PTSD)に陥らせたとする認定について事実誤認があると主張している。

 同訴訟では刑務官4人と元刑務官1人も控訴している。【高木香奈】

【関連ニュース】
刑務官暴行:「国は賠償請求可能」 間接的な責任言及
高松刑務所:「在所証明書」を別の受刑者家族に誤送付
刑務官暴行:革手錠の違法性認め国に賠償命令…名古屋地裁
自立更生促進センター:反対署名4万人、見切り稼働 福島
ニッポン密着:「前科は内緒」ほご、職転々 不安の支え、娘の笑顔

波形手すり 全国で増殖 楽に上り下り、おしゃれ演出(産経新聞)
小遣い3年連続ダウン=「弁当男子」増える―サラリーマン調査(時事通信)
<若手官僚>「国民による仕分け」を提案 省庁改革で(毎日新聞)
<火災>民家燃え、高齢の男女3人不明 千葉(毎日新聞)
在宅サービスの充実を強調―再任会見で長妻厚労相(医療介護CBニュース)
posted by クロタキ マサミ at 02:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

口蹄疫問題 ブレ続けた「政治指導」にため息(産経新聞)

 小雨がぱらついた1日の宮崎県。家畜の伝染病、口蹄(こうてい)疫問題で、鳩山由紀夫首相が初めて現地入りした。

 「大変苦しいお気持ち、察するにあまりある」。自らの進退問題で疲れ切った表情。農家と直接目を合わせる場面は少なかった。

 「普天間問題と同じでただのパフォーマンス。首相は農家のつらさを理解していない」。肉用牛75頭を殺処分した森木清美さん(61)=川南町=は切って捨てた。

 宮崎県では一連の国の対応への不信が渦巻いている。国の対応がブレの連続だったことが不信の一因になっている。

 象徴となるのが、肉の買い取りやワクチン接種をめぐる、赤松広隆農水相と農林水産省など官僚たちの錯綜(さくそう)ぶりだ。

 「10〜20キロ圏内の家畜は早く食肉にしてALIC(農畜産業振興機構)に買わせる。市場流通はさせず肉にして保管する。あとで会見を開いて発表する」

 5月19日朝、東京・霞が関の農林水産省に登庁した赤松広隆農水相は、報道陣を前に対応策をぶち上げた。健康な家畜を公費で買い取り、家畜空白地帯を作り出すことでウイルス拡散を防ごうという考えだ。

 新聞やテレビが一斉に「公費買い取り」のニュースを伝えた。だが、農水省では幹部らが「おかしい。買い取りじゃないはずだが…」と首をかしげていた。

 赤松氏が予告した会見は、当初予定の午前10時半が何度もずれ込み、ようやく開かれたのは午後3時。

 「10キロ〜20キロ圏で早期出荷をお願いする」と赤松氏。こう付け加えた。「買い手は普通の肉屋さん」

 記者「ALICが買い取るという話では?」

 赤松氏「買い取りません!」

 感染拡大を防ぐためのワクチン接種に関する混乱もあった。赤松氏は5月19日、発生地から半径10キロ圏内で、健康な家畜にも殺処分を前提としたワクチン接種を行うことも発表した。

 接種に伴う補償が問題だった。「牛については60万円ちょっと。豚については3万5千円前後」と赤松氏。「早ければ今日からでも始める」

 ところが、寝耳に水の地元自治体が金額に難色。接種は先送りとなった。

 赤松氏は5月21日、今度は家畜の時価評価で補償する方針を示した。「最初から統一価格でやると誰も言っていない。平均すれば60万円…、そんなものになるでしょうと言ったまで」

 結局、ワクチン接種が始まったのは22日。地元との交渉に要した20〜21日の48時間だけで、感染疑い例の農場は25カ所、約7700頭も増えていた。

 一事が万事、国の対応策はブレ続けた。ようやく決定した食肉の市場流通に、現地対策本部の山田正彦農水副大臣が「流通させない」方針を示す場面もあった。

 農水省からは「対策の主導権を官邸に握られ、大臣は功を焦って補償額などをを示そうとした」との声も漏れる。ある幹部は「政治主導はいいが、地元との軋轢(あつれき)の原因となっては…」とため息をついた。

 東京大の山内一也名誉教授(ウイルス学)は「口蹄疫への対応は迅速さが必要。事前に立てた対策があったとは思えず、対応が後手後手になり、被害が拡大している」と指摘する。

 被害が大きい川南町を管轄するJA尾鈴の担当者がこぼす。「農家から問い合わせがひっきりなしだ。正しい確定情報が伝わってこず、農家は混乱している」

 口蹄疫パニックが収まらない。ここまで蔓延(まんえん)した理由は何なのか。政府や宮崎県の地元からは対応方針の錯綜(さくそう)や混乱ぶりが見えてくる。

【関連記事】
首相「防疫体制などに全力」 農家の視察見送る
首相、苦しい心情吐露 「身を粉にしているが理解されない」
口蹄疫確認から6週間…鳩山首相現地入り「普天間と同じパフォーマンスだ」
口蹄疫 宮崎県が2億4千万円を農家に配分
石垣島で牛によだれと発熱症状 遺伝子検査へ
「はやぶさ」帰還へ

パナソニック、太陽電池事業に本格参入――国内シェア35%以上が目標(Business Media 誠)
参院選後、新党間で合併も=たちあがれ日本・平沼氏(時事通信)
児童ポルノをネット販売=1万5000枚を押収―所持容疑で4人逮捕・警視庁など(時事通信)
41分で報酬121万円…仙台の非常勤行政委員(読売新聞)
【首相辞任】谷垣氏「問題投げ出し、選挙目当て退陣」 自民、緊急役員会で対応協議(産経新聞)
posted by クロタキ マサミ at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。